--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-02-28

Nhu Quynh

KHI Con Tim Biet Yen / Nhu Quynh & Ky Anh
nhu_quynh_dvd

nhuqutnh_dvd03


おぉ~ついに私の敬愛するヴェトナム歌謡の姫様、ニュ・クインの新作が到着しました。情報教えてくれた土木作業員さんに感謝。今回はなんと2CDと2DVDの豪華な内容。去年ベスト盤がリリースされましたが、オリジナル・アルバムとしては2004年に出た「Khuc ca Dong Thap」以来3年ぶりです。しかもハ~ト・マークの付いた直筆サイン入りだぁ~。思わず盤面に頬ずりをしてしまった私。

でもこの隣に写ってる田島貴男と新沼謙二を足して2で割ったようなヤローは誰だい?実はこのセット、キー・アンという人気男性歌手とのカップリング・アルバム。なんでニュ・クイン一人で作んなかったんだべ。事情はよくわからないですが。

ニュ・クインはヴェトナムといってもアメリカ西海岸を中心としたヴェトナム・コミュニティの人々から絶大な人気を集める歌手。本国ではアルバムも出ていないし、知る人も少ないようです。この辺の謎はまた、調べてみたいと思います。

CD2枚はニュ・クインのソロが7曲、デュエットが5曲、キー・アンのソロが8曲入っています。DVDのほうは2人のインタビューをはさんで、ニュ・クインのビデオ・クリップが1曲、デュエットが2曲、キー・アンが2曲と少なめです。トホホ~。インタビューはヴェトナム語が分かれば面白いと思うけどね。もう1枚のDVDはビデオ・クリップのメイキング。料理を作ったり、ピアノを弾きながら作曲している彼女の素顔が見れるのはファンとしては貴重です。キー・アンが現地のスタジオなんかを案内してるので、彼が主導で作ったのかもしれないです。

今回のこのアルバムのニュ・クインの曲は全体的にヴェトナムの民族色は控えめ。しかし彼女の歌はダンサブルな曲やザンカーと呼ばれる懐メロ風バラードなど一段と貫禄を増しているように感じます。キー・アンの声は少しベトっとした声で好き嫌いが分かれると思いますが、デュエットで控えめに歌った方が良い味出してます。DVDの彼女のソロは1曲だけという寂しさですが、一段と艶を増してため息ものです。

さすが人気スターだけあってYoutubeでも彼女の映像はかなりアップされてます。興味のある方はチェックしてみてください。



発売を記念してアルバムを適当に載せておきます。わたしゃとち狂ったようです。新しいソロ・アルバムももうじき出そうですよ。
nhu_quynh_01

nhu_qutnh02

nhu_quynh03

nhu_quynh04

nhu_qutnh06

nhu_quynh05

nhu_quynh07

nhu_quynh_enka

その昔、ちゃっかり来日して演歌歌手の佐々木良とシングルを出しました。ニュ・クインも日本語で演歌しちゃってます。でも彼女の持ち味がイマイチ生かしきれてないのが、残念!

bhu_quynh_dvd02

ニュ・クインのビデオ・クリップ集のDVD。彼女の美しいお姿が拝めます。
スポンサーサイト
2005-04-03

Paris By Night 77

pbn77.jpg

アメリカで行われているヴェトナム歌謡ショウ「Paris By Night」が今年で30周年を迎えました。コンサートの模様を収めたビデオが4月に発売になったそうです。私のアイドル、ニュー・クイン(Nhu Quynh)が3曲歌ってるようです。


nhu_quinh01.jpg

日本でも話題になりつつある?トップ・スター、ニュー・クインはただいまソロ・アルバムのレコーディング中。う~ん早く聴きた~い。
2005-04-01

Phi Nhung (ピー・ニュン)

Ngua O Thuong Nho (Thuy Nga TNCD318)
phi_nhung.jpg

多忙でなかなか更新のお時間とれまひぇん。今日はなんとかこれだけ。

いいんですよ、このヴェトナムのお姐さん。アメリカ西海岸のヴェトナム人コミュニティの中で活躍している歌手です。顔は面長だけど、声がスウィートで可愛いんだこれが。おまけにヴェトナム独特の声がひっくり変えるコブシがコロンコロン回っちゃって歌唱力も申し分なし。ちょっとニュー・クインと歌い方が似ている部分があります。バックの演奏も民族楽器をふんだんに使っていてアレンジも凝ってて面白いです。途中、弦楽器だけのアンサンブルを使った男女の掛け合いによる劇のような歌があって、ヴェトナム色濃厚な歌と演奏が楽しめます。ニュー・クインに続く若手の歌手として注目したい人です。これから色々ヴェトナムの歌手を紹介していきます。


phi_nhung02.jpg

2005-03-31

Kim Sinh

Music From Vietnam 4-The Artistry of Kim Sinh
(CAPRICE CAP 21673)
kim_sinh.jpg

年季の入った流しのオッサン風のジャケがイカシてますが、この人はヴェトナムの盲目の天才ミュージシャン、キム・シン。渋谷のエルスールの店長さんに聴かせてもらって以来、愛聴盤になっています。

ヴェトナムズ・ギター(Vietnamese guitar)と呼ばれる、ネックのフレット間を深く削った独特のギターやダン・グエット(Dan Nguyet)という2弦の月琴、ラップ・スティール(ハワイアンなどで使われるひざの上に乗せて弾くスティール・ギター)を凄いテクニックで弾きます。ガイルオンというヴェトナムの伝統的な音楽劇から発展した伝統歌謡の名人だそうです。ヴェトナム独特の繊細で振幅の大きいメロディーを表情豊かに演奏していて、耳を奪われてしまいました。このCDでは彼の息子のキム・タン(Kim Thang)も参加して、息の合った素晴らしい演奏を聴かせてくれます。まさに「ヴェトナムのブルース」といったディープなヴェトナム音楽。ライ・クーダー、ビル・フリーゼル、デヴィッド・リンドレーとかお好きな方にも超オススメです。


kim04.jpg

こちらで3曲試聴できます。
CD Roots
2005-02-09

Huong Lan

Tieng Quoc Dem Trang
20050210005525.jpg

ヴェトナム歌謡のベテラン女性シンガー、フン・ラン(Huong Lan)のアルバムです(発売年不明)。このCDはレーベル名も何も記載されてないので、自主で作ったものなのかな?ジャケも表に印刷してあるだけ。ま、その分格安でしたけど。

フン・ランはサイゴンの有名な伝統音楽の家族の元に生まれています。父のフー・フォック(Huu Phuoc)は有名な歌手だったそうで、チャイ・ルオン(Cai Luong)というミュージック・シアターで活躍していたそうです。このシアターは伝統的な歌、舞踊、オペラなどミックスさせたヴァラエティ・ショーを行っていたようで、1930年代頃から人気があったようです。

このフン・ランには才能豊かな妹がいます。その彼女が現在パリ在住で活躍しているフン・タン(Huong Thanh)です。ドイツのジャズ系レーベルACTからリリースされた「Dragon Fly」は、日本のジャズ・ファンやワールド・ミュージック・ファンの間でけっこう話題となりましたね。

このお姉さんの方のフン・ランは5歳の時、すでに父親と一緒に舞台で活躍していたそうですから、芸歴はかなり長いです。66年に10歳でデビュー以来、その伝統色濃厚で繊細な彼女の歌声はヴェトナムの多くの人々の心を掴み一躍人気歌手になったようです。現在はアメリカに移住して活躍しているようですね。

彼女は他の多くのアメリカ在住の越僑歌手と比べると、よりヴェトナム伝統色の濃い歌い方で、その深い味わいは他の歌手とのレベルの違いを感じさせます。見事にコントロールされた繊細なコブシに思わず聴き惚れてしまいます。彼女は主にヴェトナムの美しさを賛美するものや、叙情的な伝統民謡を好んで歌っているようです。


20050210024400.jpg

このアルバムでは、彼女の伝統的なテクニックに裏打ちされた素晴らしい歌をたっぷりと聴くことができます。詞とメロディーが密接な関係を持つとされる抑揚のある独特のコブシで感情を表しているようです。彼女の美声を支えるサウンドはダン・バウ(一弦琴)、ダン・グエット(月琴)、ダン・チャン(琴)など、ベトナムの伝統楽器を随所に盛り込んだアレンジになっています。伝統色がほどよくマッチした濃厚なヴェトナム歌謡のアルバムです。

参考ページ
ヴェトナムの楽器の切手
2005-01-11

Paris By Night 76

アメリカやカナダへ越僑したヴェトナム人コミュニティのためのコンサートが、今月カナダのトロントで行われます。ニュー・クイン(Nhu Quynh)などアメリカで成功したスター達の歌と踊りの豪華絢爛のショーです。日本でもヴェトナム人コミュニティのためのショーが、時々行われることがあります。


20050113163948.jpg

プロフィール

Osamu

  • Author:Osamu
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。