--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-03-31

Chrisye / Sebuah Memoar Musikal

Chrisye-Sebuah Memoar Musikal(PT GRAMEDIA PUSTAKA UTAMA)
Chrisye Book

最近出版されたポップ・インドネシアの大御所、クリシェの伝記本を入手したので紹介しようと思っていた矢先に、彼の訃報が飛び込んできてしまいました。肺がんの闘病生活を続けていましたが、残念ながら3月30日に永眠されました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

ポップ・インドネシアの男性歌手では私が一番好きなアーティストで、ベテランながら時代をリードしていく彼の姿勢を常に注目していました。インドネシアらしい、ぬくもりのある彼の大らかなボーカルは素晴らしく、1997年にリリースされた「Kala Cinta Menggoda」はエルウィン・グタワのアレンジも秀逸で、何度繰り返し聴いたかわかりません。

2000年のロッケストラの楽屋で実際の彼に会うことができたのですが、後輩達にエールを送るその姿に大スターでありながらも気取らない優しい人柄で感銘しました。

この本には去年の復帰後の元気そうな写真も掲載されていて、安心していただけに残念でなりません。

本に掲載されたクリシェの数々のアルバム。
Chrisye_book02


「バイ・リクエスト」というテレビ番組で視聴者の投票で人気の高い曲のビデオ・クリップを収めたVCD。クリシェの素晴らしい歌と共に幻想的なイメージの映像や沢山のインドネシアの芸能人をさりげなく登場させたビデオ・クリップなど多彩な内容で楽しませてくれます。
Chrisye_vcd



去年のラマダン(断食月)の頃発売された、クリシェの新録が2曲入ったコンピレーション宗教アルバム。これが彼の最後の録音になってしまったようです。2曲目はイスラムの宗教歌を珍しいクロンチョン・アレンジで溌剌とした声で歌っています。
Pop Religius / Damai Bersamamu (MUSICA MSCD-0384)
Pop Religius

01 Thala'al Badru Alaina/Chrisye
02 Shalawat Badar/Chrisye
03 Damai BersamaMu/Chrisye
04 Dengan Menyebut Nama Allah/Novia Kolopaking
05 Istigfar/Hedi Yunus
06 Tuhan/Rafika Duri
07 Jika Surga dan Neraka tak pernah ada/Chrisye Feat. Dhani Ahma
08 Bermata tapi tak meliha/Bimbo, Hetty KE, Rafika Duri, Inka Christie, Jamal Mirdad, Yanti
09 Kembali ke KeagunganMu/Yuni Shara
10 Illahi Yaa Karim/Sultan, K'pas
11 Rindu Ramadhan/Rafika Duri
12 Ketika Kaki dan Tangan Berkata/Chrisye

クリシェのホームページ
Chrisye-Online
スポンサーサイト
2007-03-07

Thai Graphic Design

A Century of Thai Graphic Design (Thames Hudson Ltd.)
thai_graphic


仕事柄、デザイン関係の本(特にアジアもの)はよくチェックしてますが、この本は衝撃的でした。タイの19世紀半ばから1960年代までの印刷物を網羅したビジュアル本です。タイで印刷発行された新聞、写真、ポストカード、タバコのパッケージ、雑誌、お金等々、約5,500アイテムが紹介されています。幅27cm×高さ39cmの大きい本で、おいそれと気軽に本棚から取り出して読めないですねこれは。全てアネケ・ナウィガムネという人のコレクションだそうです。

タイに印刷機が持ち込まれたのは、17世紀で一般に広まって行ったのは1830年ごろからだそうです。タイのユニークな文字を使った独特のグラフィック・イメージが育まれたようです。

thai_graphic02

thaigraphis01

それで音楽のマニアでもある私が気に留めたのはこのページ。タイのSPレコードのスリーブやソング・ブックが載っています。タイでこういうSPのレコード・カタログが発行されていたのは1927-47年頃で、当時の人気スター、マエ・ルアン・ワイヌアインなどが表紙を飾っていたそうです。

キッチュな南国独特の色合いとデザインが楽しめる豪華本です。2000年に発刊された本で、探せばまだ見つかるかもしれません。

私も昔タイのSPレコードを日本で4枚程、入手したことがあります。現地ではもう入手困難かもしれませんね。レーベル・デザインが可愛いので気に入ってます。曲は50年代末頃のルーク・トゥンなのですが、アーティスト名や曲名が何て書いてあるのか未だにわかりません(汗)

Thai_sp
2005-03-26

私の家は山の向こう テレサ・テン十年目の真実

有田芳生 著(文芸春秋)
teresa_book.jpg

今年の5月で没後10年を迎える、アジアの歌姫テレサ・テンの生涯を追った本が発売されました。筆者はあのオウム真理教問題でおなじみのジャーナリスト有田芳生さん。1992年から綿密な取材をされてきた労作だと思います。

テレサの歌手として活動の歴史やスパイ説、本当の死因、天安門事件など詳細に検証されています。最後の恋人といわれる14歳年下のフランス人男性との関係など興味深い内容です。

この本にはCDシングルが付いていて、生涯に1度だけ歌った幻の「私の家は山の向こう」のライブ録音や92年に有田さんが取材したインタビューが収められています。

こちらに筆者の取材日記など載っています。
有田芳生の今夜もほろ酔い
2005-03-14

A Cup of Java

Gabriella Teggia / Mark Hanusz (Equinox Publishing)
a_cup_of_java.jpg

ブルー・マウンテンが登場するまで世界最高のコーヒーと親しまれていたインドネシアのコーヒー。その出荷量は世界第3位と云われています。1969年にインドネシアを統治していたオランダ軍が、インドから持ち込んだコーヒーの木がジャカルタの農園に植えられたそうです。これらは地震と洪水で失われてしまったそうですが、その後またインドから持ち込まれたコーヒーの木が根付き、インドネシア・コーヒーの栽培が本格的に行われたそうです。

インドネシアのコーヒーはスマトラのマンデリン、スラウェシのトラジャ・コーヒーが有名ですが、他にもバリ島の粉コーヒー、西ジャワ、バンドゥンのアロマ・コーヒーなどもよく知られています。

この本はジャワ島におけるコーヒーの歴史、ジャワ各地のコーヒー農園、独特の製法のロースト(炒り)・コーヒー、ジャワの文化と社会でコーヒーがどのような役割をしているか探った本です。歴史的な写真やジャワ各地のコーヒーにまつわる写真も多く、まるでコーヒー豆と一緒に旅行しているような気分です。

これを見てたらワルン(屋台)で甘~いコピ・スス(ミルク・コーヒー)が飲みたくなってきましたよ。


java02.jpg
2005-03-11

JAKARTA INSIDE OUT

DANIEL ZIV (Equinox Publishing)
jakarta_inside_out.jpg

私がインドネシアで一番落ち着く場所といえば、バリとかじゃなくて、やっぱりジャカルタなんですね。まあ、ほとんど行く目的地は決まってるんですが。古いインドネシアのレコード探しに骨董屋さんとか、新譜の買いだしにカセット、CD屋さん2~3件回ったりとか、知り合いのミュージシャンに会ったりとか、コンサート見たりとかで、だいたい1週間か10日はあっという間に過ぎてしまいます。その間ベチャに乗ったり、バスに乗ったりして楽しいもんです。やっぱ街中のクレテック・タバコの匂い、ドリアンの匂い、車の排気ガスの匂いとかたまりませんね~。これで人込みの中にダンドゥットでも流れてようなもんでしたら、最高のシチュエーションです。この本はそんなジャカルタの街の一瞬を捕らえたヴィジュアル本です。

著者はカナダ出身のジャーナリスト、ダニエル・ジブ。ジャカルタのカルチャー雑誌「djakarta !」のチーフ・エディターだったそうです。

ジャカルタの街の色々な大衆文化を、写真とコラム2ページ見開きで編集してあります。コラムはABC順にならんでいて、リアルなジャカルタを捉えています。凝ったアングルの写真も迫力があって良いです。巻末のほうにベニー&ミチェの風刺漫画があり、ジャカルタの典型的な人々が描かれていて笑えます。歯列矯正ブラケットが高級なおしゃれだと初めて知りましたよ。


jakarta_inside_out03.jpg
2005-03-10

KRETEK

The Culture and Heritage of Indonesia's Clove Cigarettes
Mark Hanuz (Equinox Publishing)
kretek01.jpg

インドネシアの香りといえば、クレテック・タバコの匂い。インドネシア人の集まるところでは必ずこの甘い匂いが漂っています。私もインドネシアに行くと道端のタバコ売りのおばちゃんから一本売りで買って吸ってたりします。インドネシアのコンサートに行くとタバコ・メーカーの協賛が多いですね。ダンドゥットのコンサートなどに行くと、初対面のお兄ちゃんがスッとクレテック・タバコの箱を突きだし「一本いかが?」みたいな感じで勧められます。タバコを共有することが、独特のコミュニケーションの手段としているようです。

さてこの本はタバコとクローブ(丁子)、調味料?をブレンドさせた独特のクレテック・タバコの歴史や製法、製品などを詳細に研究、調査した本です。ハード・カバーの大判で分厚い本ですが、製造プロセス、パッケージ、広告、紙巻きやインドネシア各社のタバコなどの写真が満載で見ているだけでも面白いです。しかしすごい数の種類出ているんですね。これを見るとインドネシア国内の重要な産業の一つであることがうかがえます。

クレテック(Kretek)の語源は、トウモロコシや紙片に巻かれたタバコの中のクローブがパチパチと燃える擬音(keretek-keretek)からきていると言われているそうです。クレテック・タバコの製造は複雑で、クローブと何か独特の調味料が使われているようです。それはタバコ会社の企業秘密のようですね。

クレテック・タバコの創始者は数人の主張者がいるそうですが、ハジ・ジャマーリ(Haji Jamahri)という人が1880年代前半の頃に自身の喘息の薬として使用したのが最初のようです。話によると胸の痛みはなくなったそうですが、果たして本当の効果の程はわかりません。彼はそれから薬局を通じてクローブ・タバコを販売したそうです。

この本にはインドネシアの各クレテック・タバコ会社(サンプルナ、ベントール、ジャルム、グダン・ガラム)の歴史も載っていて興味深いです。個人的にはインドネシアらしい素朴な味のあるタバコの広告が面白かったです。


kretek02.jpg

参考サイト
Indonesian Clove Cigarettes online store
2005-03-09

FIRECRACKERS

The Art & History
Warren Dotz, Jack Mingo, George Moyer (Ten Speed Press)
firecrackers01.jpg

中国旧正月の行事にかかせないものが例の爆竹です。爆竹は赤い色と共に厄除けとして盛大に鳴らされます。その昔中国では人を食べる「年」という怪物がいて大晦日になると表れたそうです。この怪物は音と赤い色が嫌いということがわかり、毎年正月になると赤い服を着て爆竹を鳴らすようになったそうです。ちなみに中国では爆竹の音は「ピリパラ」というそうです。賀歳アルバムでもこの言葉の歌詞がよく出てきます。

この本はアメリカのマーケットに輸出用として中国とマカオで製造された爆竹のパッケージとラベルを集めたコレクション本です。爆竹の歴史も詳しく説明されてあって面白いです。一部インドで製造されたモノも含まれています。中国の爆竹は19世紀の終わり頃表れたそうで、もちろん今も製造され続けています。爆竹のブランドは1,000以上もあるそうで、色々なサイズが時代によって変化していったそうです。

爆竹のラベルのコレクションには基準があるそうで、年代の古い順に1~7まで等級が別れています。レアな50年代以前のラベルになるとオークションなどでは数百ドルで取引きされているようです。パッケージに描かれている絵柄は様々で中国の風物、アメリカのカウボーイやインディアン、動物、ロケットなどがあります。時代を反映する戦争や原爆なども取り上げています。いずれも独特の色彩とキッチュな絵柄で見ていて楽しいです。いやはや世の中には色んなモノ集めてるコレクターがいらっしゃいます。


firecracker02.jpg

こちらのサイトで爆竹の絵柄が色々見れます。
CRACKERPACKS-Firecracker Labels
2005-01-30

Made in China

By Reed Darmon (Chronicle Books)
20050202214603.jpg

またまた、これは最近集めている中国雑貨のコレクション本です。2004年にサンフランシスコのクロニクル・ブックスで出版されました。オレゴン州ポートランドのグラフィック・デザイナー、リード・ダーモンという人のコレクションで、中国の古いポスターや広告、タバコのパッケージ、マッチのラベルなど、印刷媒体を中心としたポップ・カルチャーの色々なモノがギッシリ入っています。60年代のレアなLPレコード、シングルなども4ページほど出ていました。さすがグラフィック・デザイナーだけあって、面白くてキッチュな印刷物をコレクションしています。11.5cm×15cmの小さい本ですが、256ページで厚さが2cmもあり見ごたえがあります。右のお下げの娘、中国風情があって良いですね。


20050202214614.jpg

プロフィール

Osamu

  • Author:Osamu
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。