--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-03-05

Cambodian Rocks

Cambodian Rocks Vol.1
cambodian_rocks01.jpg

Cambodian Rocks Vol.2
cambodian_rocks02.jpg

Cambodian Rocks Vol.3
combodian03.jpg

アメリカ70年代のガレージ・パンク・バンド「The Screamin' Mee-Mees」のメンバーの一人、ポール・ホイーラーが、カンボジア旅行時に買った60~70年代のカンボジア歌謡のカセットを編集した「Cambodian Rocks」というアルバムがPallarel Worldというインディーズ・レーベルで1996年頃発売されました。その後ボーナス・トラックも追加され2000年に再発されたようです。アルバムにはアーティスト名も曲名も明記されていない訳が解らないシロモノでした。でも中身はエグミの極地のようなサイケな世界が渦巻いていて、長らく私の愛聴盤となっていました。そしてこのアルバムの曲をカバーするナイスなバンド「DENGUE FEVER」まで表れて、これまたびっくりです。

さてこの「カンボジアン.ロックス」3枚のシリーズは、先のPallarel Worldに収められていた1960年代後半~70年代初期のサイケなカンボジア歌謡ロックの世界をたっぷり楽しみ事ができます。アーティスト、曲名、録音年代、英訳の歌詞やアーティストのプロフィールなど、今度は十分な調査をして制作されているようです。リリース元はカリフォルニアのリッチモンドのKhmel Rocksというレーベル。こちらのサイトにアーティストのプロフィールなど出ていますので参照して下さい。

1973~76年のカンボジア内戦・ポルポト政権下では歌手、演奏家など見つかると殺されたといわれます。このアルバムの音楽家達はクメール・ルージュ(赤いクメール)によって虐殺されてしまったようです。ここではカンボジアの詳しい歴史の説明はできませんので、歴史を扱ったサイトを参照して下さい。

このアルバムに収められた時代の代表的な2人のアーティストを簡単に触れておきます。キング・オブ・クメール・ミュージックと称されるセンスィサーモット(Sinn Sisamouth)は当時の最も優れた歌手、作詞作曲家でした。ポルポトの圧制に会うまでに数多くの作曲とレコーディングをしています。伝統歌謡なども得意としたようです。ほんわかした温かみのある声です。女性歌手のルススレイソティア(Ros Sereysathea)はカンボジア音楽文化で最も強力な女性でした。国王夫妻は彼女にゴールデン・ヴォイスの称号を与えたそうです。延びのあるが強烈なファルセットが個性的な女性歌手です。

Vol.1はセン・スィサーモットが7曲とルス・スレイソティアが6曲で2人を中心とした選曲になっています。1曲2人のデュエットがあります。洋楽ヒットのクメール語のカバーやオリジナルですが、そのローハイなサウンドの中で独特のアジアな匂いを醸し出しています。ルス・スレイソティアの伸びやかでノリの良いヴォーカルが最高です。サウンドは歪んだファズ・ギターやアナログシンセ、オルガンなどを使ったドロドロでサイケな世界。GS、R&B調、サンタナ風、ラテン調など演奏もファンキーでカッコいいです。脱力系のクメール語ヴォーカルといい頭がクラクラしちゃいます。

Vol.2はこちらもVol.1と同じく2人の歌が中心になっています。ビートルズ、ピンキー&キラーズ、三橋美智也、スコット・マッケンジー、プロコル・ハルム等々がクメール・ロック調にカバーされています。すごいダミ声のルイ・ザートという男性歌手のどファンクやらパン・ロンという女性歌手のモンキー・ダンスがえらくカッコ良かったです。

Vol.3は上記の2人を筆頭に5人の歌手が入っていてこのシリーズ中では1番バリエーションのあるセレクトになっています。歪んだギターの歌謡ラテン・ロック、エコー・マシンを駆使したスペーシーな曲などエグイのばっかり取りそろえています。4曲目はギターの演奏もスゴイですがボア・サロンという男性歌手の雄叫びのようなシャウトが強烈です。70年代風のハード・ロック調など、演奏もかなり高度な曲もあります。ラストはセンスィサーモットの味わい深いカンボジア伝統歌謡が入っています。

3枚聞き通して、かなり強烈なエグイ曲ばかりで楽しめましたが、このアルバムの素晴らしいアーティスト達が30年前にポルポト政権下で虐殺されてしまったことを思うと、ちょっと切なくなりました。


cambodian04.jpg

参考サイト
CAMBODIANROCKS.COM
DENGUE FEVER
カンボジアとポルポト派
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

You Tube 世界のロック特集その2

日活映画「俺にさわると危ないぜ」 オープニング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

テング熱

フラワ~パワ~!
やっぱアメリカ人のバカさ加減にはかないませんね~

こういうバンドが一番面白いですね。

こういうのやるのアメリカ人では珍しいと思いますよ。

そうなんだ~

「ふらわ~ぱわ~」ってアメリカかと思ってた(笑)
しかしよく見つけますね~
そうそう先日勝手にリンクしました!

アンテナ

情報のアンテナを張りめぐらせてないと、やっぱ面白いバンドとか見つけにくいですね。

リンクありがとうございました。

カンボジアン・ロックス

おお!ついにエルスールが発売しました。

これは強力盤ですぞ。売り切れる前に急げ!

http://www.h2.dion.ne.jp/~elsur/contents/staff/staff_main.html
プロフィール

Osamu

  • Author:Osamu
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。