--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-03-24

孟庭葦(モン・ティンウェイ)

紅花 (Virgin VD04V12 07243 563759 2 5)
mon.tinuei.jpg

01 [イ尓]看[イ尓]看月亮的臉 (2005新版)
02 静静的生命慢慢的河
03 听説遠方有片海洋
04 琥珀 (舞台劇大師孟京輝年度作品“琥珀”同同主題曲)
05 孤独時候[イ尓]想誰[口尼]
06 冬季来台北看雨 (2005新版)
07 鳳凰木
08 羞答答的?瑰静敲敲地開 (2005新版)
09 找一个人
10 紅花


2000年のアルバム「愛到史艶文」で引退と思っていたら、4年ぶりに復活してニューアルバムをリリースしました。「愛到史艶文」を初めて聴いて感動した遅れファンのワタクシとしても喜ばしい限りです。今回のニュー・ルバムは新曲が6曲と2005年新版とクレジットされた過去のセルフ・カバー3曲、それと台湾語の歌を1曲歌っているそうです。セルフ・カバーの曲は01,06,08ですがそれぞれ「[イ尓]看[イ尓]看月亮的臉(1991年)」、「冬季到台北來看雨(1992年)」、「誰的眼涙在飛(1993年)」のアルバムから選んでいるようです。

孟庭葦の容姿はジャケットを見ても分かるとおりスレンダーな落ち着いた美人ですが、歌がなんともキュートで、ホンワカした優しい声です。そのストレートで素直な歌い方は4年のブランクを感じさせません。どうでもいいことですけど、血液型が私と同じABってとこもいいじゃないですか。

このアルバムはアコースティックな楽器の音色とソフトなヴォーカルで不思議な安堵感に包まれているような感じです。冒頭から彼女の可憐な声と親しみやすいメロディに耳を奪われてしまいますが、続く美しいストリングスと、子供のコーラスを効果的な2曲目は彼女の優しさが滲み出たような曲。4曲目の舞台劇の主題曲のラストは思わぬ曲調の展開で、アレンジが面白いです。5曲目は彼女の哀愁感漂う歌と深い音色のフルートが印象的。8曲目は蝶のようにフワフワと舞っていて爽やかな雰囲気ですね。ラストはほのかな花の香りが漂ってきそうな甘い声と和みのメロディですっかり癒されました。

孟庭葦の公式サイトですが上手く開きません(涙)。
『孟庭葦中文站』
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Osamu

  • Author:Osamu
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。