--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-04-06

DoobaDoo

(GRAMMY G-0548009)
doobadoo01.jpg

これはユニークなアコースティック・スウィング・ジャズ感覚のポップ・アルバムですね。ピチガーという女性ボーカリストとジェーラサーというギター、キーボード、ドラム、ベース、プログラミングもこなす男性の2人組ユニットです。何かインディーズっぽい作りですが、メジャーのグラミーからの今年(2005年)のデビュー・アルバム。タイ・ヒップ・ホップ界の中心人物、ジョーイ・ボーイがエクゼクティブ・プロデューサーというから制作陣もユニーク。インドネシアのネオ・アコ・バンド、Moccaにちょっと似た雰囲気なので嬉しくなりました。このCDはリミックス・バージョンのCDも付いたスペシャル盤2枚組です。

サウンドの基本はギター、キーボード、フレットレス・ベース、ドラムスに、曲によってピアノを加味したシンプルなジャズ・コンボ編成。このアルバムの魅力はなんといってもピチガーちゃんのタイ語のキュートなヴォーカル。バックのシンプルな演奏も彼女の繊細なボーカルを程よく引き立てていて好感が持てます。1曲目なんかアコースティックなスライド・ギターも入ったしゃれたアレンジで、感心しちゃいました。おやじリスナーの私は往年のマリア・マルダーなど連想しちゃいますね。2曲目の「Mai chai poo chai」はチャールストンの踊りが似合うブラス入りの軽快なスウィング・ジャズで歌詞のフレーズもキャッチーで面白いです。3曲目はストリングスも入ったゴージャスなジャズ・バラード。アンニュイなピチガーのヴォーカルも情感があって良いです。ラストはアップテンポのジャズですが、リズムに乗ったピチガーの早口のスキャットがカッコいいです。いや~こんなお洒落でポップなアルバムが出てくるとはタイ・ポップスはやっぱり面白い。

もう1枚のリミックスCDはダンス・ビートのクラブ使用っぽい作りですが、特に真新しい音はないので1枚で十分という気がしました。


doobadoo02.jpg

こちらで2曲試聴できます。
eThaiCD.com : DoobaDoo
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

DOObaDOO、グラミー的にもかなり推してるみたいだし、実際売れてるみたいです。
タイのおしゃれポップス界って確実にあるんですけど、ここまで洗練を押し進めた音って、けっこう画期的な気がします。
おれも2枚組を買ったんですけど、2枚目は蛇足感がありましたね(笑)

どーも。2曲目の「Mai chai poo chai」がヒットしてるようですね。タイ語のジャズってのも珍しい気がしますが、ポップに昇華されてるってとこが良いです。
プロフィール

Osamu

  • Author:Osamu
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。