--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-03-15

DJ Anchovy & Dara Puspita

vietnamu02

chinese Pops

dara_puspita01

DJアンチョビというニューヨーク在住のけったいなオッサンがなんとアジアン・ガレージのレアな曲、YouTubeのブロード・キャストで流してます。ヴェトナム、中国、韓国はまだ良いとしてもインドネシアのダラ・プスピータのレコード、回してるからびっくりです。レコードの裏表全部聴けますよ。

DJ Anchovy's Corner

実はこのレコード、以前Dr.Cintaさんにたのんで買ってきてもらいました。大感謝です。

やっぱりこういうDJアンチョビのようなマニアな外人さんがジャカルタの骨董屋さん街うろついてるんですね。ヴェトナムの60sガレージもかなり珍しいんじゃないでしょうか?

ちょっと簡単にダラ・プスピータの略歴載せておきます。
ダラ・プスピータは1964年にインドネシア初の女性ロック・バンドとしてスラバヤで結成されました。その後65年にメンバー交代でティティック・ハムザが加入してティティック・AR、リース・AR、ティティック・ハムザ、スシー・ナンデルの4人で本格的なバンド活動を始めました。ファースト・ステージは西ジャワのバンドゥンで、女性のロック.バンド登場で大騒ぎになったようです。

その後10インチのアルバムを3枚ムスラ・レーベルよりリリースして、68年にヨーロッパ・ツアーを行い71年に帰国し、スナヤン競技場で12月18~19日の2日間にわたり凱旋コンサートを行いました。共演したのはパンバース、ザ・ロリーズなど当時人気のロック・バンドで、2万3千人もの観客を集めたようです。その後72年のインドネシア国内ツアー後、メンバー2人の結婚にともない解散しました。その後ティティック・ハムザを中心にメンバーを入れ替え再結成されたこともありました。

その後、ティティック・ハムザは作曲家として才能を発揮して国際的なソング・フェスティバルの曲などを手がけました。
dara01

dara02

dara03

ティテック・ハムザさんの直筆サイン入りの1971年頃のライブ写真。(Anthena Leoさんより提供)

60年代のインドネシア音楽シーンやダラ・プスピータの詳しい活動等はティティック・ハムザの友人でもあるAnthena Leoさんのインタビューをご覧下さい。
An Interview About Indonesian 60's Beat/Garage Scene
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: DJ Anchovy & Dara Puspita

YOU TUBEでチェックしてみました、トリビュートアルバム..from us to Uで聴いた曲の原曲が聴けてラッキー!

Re: DJ Anchovy & Dara Puspita

campurさん、どうも。

<トリビュートアルバム..from us to Uで聴いた曲の原曲が聴けてラッキー!

良かったですね。なかなか聴ける機会ないでしょうから。トリビュートアルバムはまだ私は持ってないですよv-14

Re: DJ Anchovy & Dara Puspita

いやぁ、すごいDJがいるもんですね。
前から聴きたかったDARA PUSPITAが聴けたのはよかったです!

Re: DJ Anchovy & Dara Puspita

t-42さん、こんばんは。

今日はbongo manさんと一日中お仕事で今帰ってきました。ふぁ~眠い

世の中広いですね。いろんな人がいるもんです。
まったく、どうやって嗅ぎ付けたんでしょうね。

Re: DJ Anchovy & Dara Puspita

おー!全曲試聴ができるんですね。Dara Puspitaよかったです!
東南アジア・ガレージものも、いろいろCD化されるとうれしいのですが。
昨日はおつかれさまです。あとひといきなのでよろしく~

Re: DJ Anchovy & Dara Puspita

bongo manさん日曜日はお疲れさまでした。今日は何にもしないでのんびりしましたよ。

アジアン・ガレージいろいろ聴いてみたいですね。
プロフィール

Osamu

  • Author:Osamu
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。