--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004-12-22

Ragam P. Ramlee

(MVM 2002.050)
20041222183249.jpg

マレーシア現代音楽の父と呼ばれているP.ラムリーの映画のVCDです。P.ラムリーは作曲家、歌手、監督、俳優と様々な肩書きを持った多才な人でした。1973年、44歳の若さで亡くなるまでに、数多くの作曲、映画を制作しています。奥さんのサローマはP.ラムリー映画のプレイバック・シンガーとして活躍していました。


20041222183309.jpg

P.ラムリーの映画は現在ほとんどと言っていいほど、VCDで復刻されています。奥さんのサローマはプレイ・バック・シンガーとして活躍していましたが、彼女自身が出演する映像は本当に少ないです。このVCDは1965年に制作された、P. ラムリーとサローマのショーが25分と『DAMAQ』というタイトルの映画がカップリングされているヴァラエティ映画です。


20041222183327.jpg

この貴重なムラユ歌謡ショーは25分という短さですが、夫婦の息のあったデユエット『HANCUR BADAN DIKANDUNG TANAH』やサローマの味わい深いソロ『KU KEHILANGAN KANDA』、古いムラユ・ソングなど、素晴らしい歌とキュートな映像が楽しめます。恰幅の良いP. ラムリーが腰をクネクネさせるダンスは、ちょっと気色が悪い感じがしますが、60年代ならではのモッコリ・ヘアーのサローマは実にセクシ~。ショー全部で7曲披露してくれます。


20041222183341.jpg

後半の映画『DAMAQ』はP. ラムリーと美人女優のカスマ・ブーティ主演の、悲劇的なメロドラマです。ムラユ音楽のサウンド・トラックが美メロでいいんだわこれも。

参考サイト
The P Ramlee Cyber Museum
P. Ramlee Officially Approved Fanlisting
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

P.Ramlee...マレーシアの伝説

今回の旅行、KLで一番行きたかった場所です。P. Ramlee Museumです。22, Jalan Dedap, Taman P.Ramlee, KLTel: 03-4023 1131Open: 10am - 5pm, daily. Closed: Monday, except Public and School HolidaysAdmission : FreeP.Ramlee(1929-1972)はマレーシア独立前後の、マレー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

これから沢山見ないと!

今年4月からゼミが始まり、俺のテーマである「60年代、インドネシア映画の中のポピュラー音楽」を調べなければならないのですが、ハズせないのがP. ラムリーの映画ですね。当時の影響力は相当なものだったでしょうからその辺も調べなきゃいけないし。今年はめっちゃ彼の映画をみることになります。俺が持っていないものがあれば貸してください。よろしくです。次回、シネマテークではハスナ・タハールが出演した映像を一番に探してきます。(頼む存在していてくれ)

ラムリー映画

彼の映画は多いから大変でしょう。ジャカルタのムラユとかラムリー映画が無かったら生まれたかどうかわからないでしょう?俺はVCD40枚ぐらい持ってるかな。

粋な男

動くP.ラムリー遅まきながら初めてみました。粋な方だったんですね。惚れ惚れとしました。こうゆう歌謡ショーは、常々見たい映像です。ギュライの民謡ショーにしろ、エリゼッチとシロにしろ・・・。シュープリームスばりのバック・コーラス隊の振り付けにはやられました。はい。
プロフィール

Osamu

  • Author:Osamu
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。