--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004-12-23

The Sound of Belief

(VICTORIOUS MUSIC VMCD 011)
20041223212331.jpg

インドネシアでは毎年ラマダン(断食月)期間中にイスラムをテーマにした多くのアルバムがリリースされています。このCDはイスラム音楽とジャズをミックスさせた、異色のアルバムです。

企画制作したのはギタリストとしても参加している、実業家のスグン・サルヤディ(Soegeng Sarjadi)。なんでも友人のジャズ・ミュージシャン達とセッションを重ねながら、ジャズでイスラムの教えを表現できないかとアイデアを練って作られたようです。このレーベル(VICTORIOUS MUSIC)はスグン・サルヤディ自身が立ち上げたようです。

1曲目はストリングスとピアノをバックに子供がアラビア語と英語でイスラムの教えが語られる神秘的で美しい曲です。2曲目はタブラとスリン(竹製の横笛)を効果的に使ったバラードですが、このスリン奏者はGIGIのギタリスト、デワ・ブジャナのソロ・アルバムにも参加したサート。彼はダンドゥットの分野でも活躍していて、スリンも自作しているそうです。ジャズのインプロビゼーションまでこなす注目のスリン奏者ですね。ネッタという女性歌手が歌うバラードの4曲目でも、竹笛ならではのディープな音色のソロを奏でています。5曲目はオーソドックスなビッグ・バンド・スタイルのスウィング・ジャズにイスラムの語りをミックスさせています。7曲目はダルブッカ、ルバーナなどアラブの楽器にアラブ語のコーラスという典型的なイスラムの曲とモダン・ジャズが絶妙に交差している曲。ガムランなどもミックスされているようです。アルバム中では一番アラブ色が濃く出た曲。8曲目はインドネシアを代表するヴァイオリニスト、ヘンリ・ラミリがシャープなソロを展開するファンク・ジャズ。これも掛け声のようなイスラムのコーラスがミックスされています。


20041223213050.jpg

イスラムをテーマにしたジャズですが、コテコテのイスラム臭はあまり感じません。ヒーリング効果も盛り込んだ聴きやすいアルバムに仕上がっています。今後の展開にも期待したいユニークなプロジェクトのジャズ・アルバムです。

参考サイト
ALBUM THE SOUND OF BELIEF : CARA MUSISI JAZZ MENYAMBUT RAMADHAN 1425 H
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

うわぁー!これは物凄く面白そうなアルバムですね。イスラムとジャズの融合、、、異国空間へ吹っ飛んでいってしまいそう(笑)すごい好みのジャンルです!!最新インドネシアアルバムをあれこれ聞いてはいるもののいまいち気に入ったものがみつからずにいたのですがこの一枚はOSAMUさんの曲紹介を読んだだけで既にお気に入りの一枚になりそうです。早速取り寄せてみます。

ジャズ・イスラム

ぼふぁんさん、まいどどうもです。

ジャズとイスラム音楽をミックスさせたアルバムって、あんまり聞かないですよね。けっこう聞きやすいくて気にいるかも。こういう面白い企画バンバンやって欲しいですね。

探すのに苦労

GIGIのアルバムそうですが、この手のアルバムって宗教ものの方にあったりしますね。スグン・サルヤディで探すと別のアルバムが出て来たり。で、このアルバム、デジパックでしょ。
インドネシアにデジパックは合わない気がします。AQUARIUSの店員は、防犯タグ取るのにビニール破ったらジャケまで破ってしまって。Pak Mau?いらねぇつうの。音的にはなかなか面白い試みと思いますが...

デジパック

Sound of Beliefのビニールはヤハリピッタリくっついててやぶけそうでしたよ。音的に無理な折衷の部分ありましたけど、方向性の良さってことで。。。。
プロフィール

Osamu

  • Author:Osamu
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。