--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-01-02

Joy Tobing

Terima Kasih (BMG RISCD 0066)
20050102165926.jpg

去年インドネシアのテレビ局(RCTI)が主催したオーディション番組「インドネシアン・アイドル」で優勝して話題となった、ラッキー・ガール、ジョイ・トビンのメジャー・デビュー・アルバムです。その後テレビ側と一方的にレギュラー出演契約をキャンセルして、こちらも話題になったようです。よくわからないですが義理を重んじる日本では考えられない出来事だと思います。

バタック人の彼女は優勝する前、スマトラの地方ポップスのポップ・バタックを歌っていて、その素晴らしい歌唱力に注目していました。長い下積みの末に勝ちえた栄冠ですので、さぞ嬉しかったんではないでしょうか。その束縛されたくない気持ちというのは、よほどの自身があるという事でしょうか。確かに最近のポップ・インドネシアの歌手の中ではズバ抜けて上手いです。

グレン・フレドリー作のヒット・チューンはミディアム・テンポの爽やかな曲ですが、その伸びやかなでバランスの取れた声が素晴らしいです。音域が随分広く、個性的でハスキーな中底音も魅力的です。バラードで見せる表現力も長い歌手生活に裏打ちされていなければ出てこないと思います。クリシェのヒット曲のカバーも彼女流の味わいがでています。デワのヒット曲「Kamulah Satu-Satunya」なども取り上げています。彼女のリズム感の良さが感じられて芸域の広さを感じます。サウンドもメリハリもあって、おしゃれにまとまっていています。これはもう、「じっくり聴きたいCDコーナー」の棚に入れときます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Osamu

  • Author:Osamu
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。