--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-01-02

安東ウメ子

ウポポ サンケ (Chikar Studio CKR0106)
20050102181924.jpg

昨年(2004年)7月に亡くなったアイヌ音楽伝承者、安東ウメ子さんの遺作となったアルバムです。安東ウメ子さんのウポポ(歌)とムックリ(口琴)を中心に、トンコリ(アイヌの伝統弦楽器)や様々なパーカッションでユッタリしたグルーブが堪能できるアルバムです。

私が安東ウメ子さんのライブを見たのは2001年9月に前作『IHUNKE』の発売記念ライブ&トークでした。ピーター・バラカン氏を司会に、ウメ子さんとOKI(アイヌの伝統楽器トンコリ奏者)の和やかなトーク・ライブなどもあり、アイヌの文化や音楽の話を興味深く聞くことができ、その素朴な語り口に親しみをおぼえました。その後のライブでは、オキの柔らかい音色のトンコリをバックにウメ子さんのウポポ(歌)が醸し出すユッタリとしたグルーヴに身を包まれて深い森の中にいるような気分になりました。とにかく心地の良いライヴだったのを記憶しています。

安東ウメ子さんが、親から口承で教えてもらったアイヌの歌を、OKIによる現代的なアレンジで仕上げたアルバムです。現代的といってもトゥバやアフリカのトーキング・ドラムなど民族楽器が使用されていて、音の質感はざらざらしています。このパーカッションとOKIの弾く深い音色のトンコリがニュアンスの豊かなポリリズムを生み出していて、独特の音の世界を作っています。淡々とした演奏ですが、じっくり聴いていると魔法にでも掛かったような高揚感が生まれてきます。そしてウメ子さんの包み込むような深い声に身をゆだねていると、胎内にでもいるかのような安心感が生まれるから不思議です。アルバム中1曲ムックリ(口琴)の演奏が収められていますが、これも大自然と一体になったような素晴らしいものです。なんともいえない空気感で、これは本当にクセになります。

試聴可能な参考サイト
CHIKAR STUDIO
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ベスト・アルバム

このアルバム俺はベスト・アルバムに入れました。1stも印象深い作品でしたが、本作はどこか優しさも漂っていて好きですね。OKIのライブは何度か見てるんですが、ウメ子さんは二度と生が見れないのが本当に残念です。しかし、俺、書きすぎ?
Osamuさんナイスなコーナー作ってくれたぜ!
プロフィール

Osamu

  • Author:Osamu
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。