--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-02-11

Eka Deli

Bergembiralah! (Harvest Music HMD-41)
20050212190909.jpg

これは珍しいダンドゥットによるロハニ(キリスト教宗教歌)の企画アルバムです。エカ・デリはクリスチャンのポップス歌手で、去年のクリスマスにはオーソドックスなロハニのアルバムもリリースしていました。アラブやインド映画音楽の影響が濃いダンドゥットですが、クリスチャンでダンドゥット歌ってる歌手といえばエリー・スーザンぐらいしか思い浮かびません。ダンドゥットによるロハニ・アルバムというのはおそらく初めてだと思います。彼女は去年カザフスタンで行われた「Summer Music Festival」という所に出場していて、あまりメジャーではないですが、人知れず海外でも活躍している人です。しかし何でまたこんな歯列矯正ブラケットが歯にズラリと並んだ写真を使ったのかな~?このセンスちょっと理解できません。

それはともかく、1曲目の「Hitamu Putih(黒白)」という曲では"髪の毛がストレートでも縮れていても神は全て愛します。イエス様はあなたの中にいて、あなたを愛します"なんて歌詞がでてきます。まあ人種、宗教の壁を超えて皆さん、愛し合いましょう、という宗教観をダンドゥット・アレンジにして広めたいという意図なのかもしれません。

このアルバムのプロデュースはジェフリー・S・チャンダという人ですが、サウンドに随分広がりが感じられます。ポップ・スンダ、ロック、ポップスなどの要素をバランスよくミックスして、洗練かつ聴きやすいポップなダンドゥットになっています。エカ・デリの歌はポップス歌手出身にしてはコブシもよく回っていて、堂々とした歌を聴かせてくれます。歌い方はちょっとマレーシアのザレハ・ハミドなんかに近いかな。冒頭の曲はダイナミックな出だしがカッコいいアレンジですが、この広がりのある空気感はちょっと今までにない感覚。2曲目はジャワ風ガムランをフューチャーした深遠な雰囲気を持ったダンドゥット。ここで素晴らしいスリン(竹の横笛)を披露しているのは、ジャズのインプロビゼーションもこなす注目のサート・シャー。グンダン(太鼓)も演奏していて、このアルバムのサウンドの鍵を握っているようです。イエス・キリストに捧げる深遠な曲などもあり、腰振りイケイケとはまったく違った異色のダンドゥット・アルバムですね。

20050212190931.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Osamu

  • Author:Osamu
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。