--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-02-16

ライトニング・イン・ア・ボトル

~ラジオシティ・ミュージックホール 奇蹟の夜~
20050218130800.jpg

2003年アメリカで、ブルース生誕100周年の記念事業として7本の長編ドキュメンタリー映画「THE BLUES Movie Project」が制作されました。そのブルース・プロジェクトのプロローグとして最大のイヴェントになったのが、2月7日に行われたコンサート「Salute to the blues」です。総勢50人を越すミュージシャン達が5時間にも渡る熱いステージを繰り広げました。この映画はそのドキュメンタリ・フィルムです。制作総指揮を取ったのはザ・バンドの名作ドキュメンタリ映画「ラスト・ワルツ」を手がけたマーティン・スコセッシ。作りがちょっと似ているように感じました。

グレートな爺さん、婆さん歌手が沢山出演してますが、個人的に思い入れのあるアーティストばかりで嬉しい映画でした。それぞれ豪華なミュージシャンとの組み合わせも見物でした。Dr.ジョン、レボン・ヘルム、ダニー・クーチマーなんて思わずホロリとくるメンバーも顔を揃えています。印象的だったのはトップのヨルバ語によるアンジェリーク・キジョー。静寂な中に力強い歌声を披露してくれました。他にブルース畑ではないアーティストも出演していてバリエーションを持たせていました。ナタリー・コール、メイシー・グレイ、インディア・アリなど、それぞれの個性でブルースを歌っていて感心しました。バディ・ガイはジミ・ヘンドリックスに捧げる「Voodoo Child 」を演奏してましたが、彼はジミ・ヘンドリックスのアイドルだったらしく、ステージを楽しそうに観ているジミの姿を映した60年代のレア映像もありました。ゲイトマウス・ブラウンはおなじみ「Okie Dokie Stomp」でジャンプ・ブルースをぶちかましました。テンガロンにウェスタン・シャツの立ち姿がやっぱりカッコいいね。久々にライブ演奏をみたネヴィル・ブラザーズ。この最高のグルーヴ感たまりませんネ。私だけがホールでグルグル頭振ってました。全体、分厚いブルースのブラック・フィーリングに溢れていてエアロのお二人(スティーヴン・タイラー&ジョー・ペリー)が完全に浮いちゃってましたね。舞台裏やリハーサル風景などもあり、小うるさい婆さんのようなオデッタがアーマ・トーマスのリハーサルでバンドに注文つけたり面白い場面もありました。ちなみにオデッタさん、なぜかチレボンのバティック身にまとってましたよ。

●出演アーティスト
アンジェリーク・キジョー/メイヴィス・ステイプルズ/デヴィッド“ハニーボーイ”エドワーズ/ケブ・モ/ジェイムス・ブラッド・ウルマー&アリソン・クラウス/インディア.アリー/オデッタ/ナタリー・コール/ラリー・ジョンソン/バディ・ガイ/ルース・ブラウン/メイシー・グレイ/クラレンス“ゲイトマウス”ブラウン /キム・ウィルソン/ボニー・レイット/ジョン・フォガティ/エアロスミス(スティーヴン・タイラー&ジョー・ペリー)/ザ・ネヴィル・ブラザーズ/シュミーカ・コープランド/ロバート・クレイ/デヴィッド・ヨハンセン/ソロモン・バーク/ヴァーノン・リード/チャックD/B.B.キング
(@安田生命ホール)


オフィッシャル・サイト
LIGHTNING IN A BOTTLE
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブルースフィーリングとは?

これまで既存の曲を弾いたり、アレンジをするといったことをやっていたんですが、やっぱりアドリブプレイもやりたいっつーことで、ペンタトニック・スケールやらブルーノート・スケール?やらを勉強してます。とはいえこれまでブルースなんか全然やってなかったんで、正直ブ

輝くステージ、輝く歌声、輝く人生!

たまたま昨夜、NHK-FMで聴いていると、流れてきたのが「Love In Vain」。邦題でいうなら、たしか「むなしき愛」という曲名ではなかったかと思う。 ストーンズの傑作アルバム・レットイットブリードで「ギミーシェルター」(4歳牝馬じゃありませんよ)の次に流れてくる

ライトニング・イン・ア・ボトル

 渋谷のシネマライズで上映中の『ライトニング・イン・ア・ボトル』を観てきました。 この映画は、2003年2月7日、ブルース生誕100年を記念して、ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで開催された一夜限りのコンサート"サルート・トゥ・ザ・ブルー

ライトニング・イン・ア・ボトル ~ラジオシティ・ミュージックホール 奇跡の夜~

タイトル:LIGHTNING IN A BOTTLE 製作  :2004年 監督  :Antoine Fuqua 製作  :Martin Scorsese 音楽  :Steve Jordan ブルースが、音楽が、映画が好きでよかった。そう思わせた至福の映画。 2003年アメリカで、マーティン・スコセッシ製作総指揮の下、ブルー

ヨルバ語-World

ヨルバ語ヨルバ語はナイジェリア連邦共和国のヨルバランド諸州などで話されている言語。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL

ヨルバ語-World

ヨルバ語ヨルバ語はナイジェリア連邦共和国のヨルバランド諸州などで話されている言語。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL

ラジオシティ・ミュージックホールラジオシティ・ミュージックホール(Radio City Music Hall)はアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市のロックフェラーセンターにあるホール。5933席収容の世界最大のホールでもあり、毎年6月のトニー賞の授賞式もここで行われる。設

ミュージックホールミュージックホール(みゅーじっくほーる)とは、客に対し音楽を提供する娯楽施設である。本来、桟敷席があるオペラ劇場などを示したが、欧米においてはカフェなども含まれ、現在においては、ライブハウスなどの大衆的な多目的ホールを示すことがある。音

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Osamu

  • Author:Osamu
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。