--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-02-23

ギリシャの楽器の切手

トルコとギリシャの人々は19世紀から始まるオスマン・トルコの支配の時代の中で幾度か強制移住、難民の流出や住民交換で両国を行き来した歴史があります。ギリシャには古代ギリシャの楽器、トルコから強制移住によってもたらされた楽器や独自に発展した楽器などがあり興味深いです。

左から黒海沿岸ポントス地方の住民がもたらした弓奏楽器のポントス・リラ、クレタ型のリラ、タンバリン、トゥルム(ポントス派のバグパイプ)、ブズキ(トルコのサズを西洋楽器に改造した楽器)、手回しオルガン、6種の笛(ズルナダZournadaなど)、太鼓3種(ダウールなど)、カノナキ(トルコのカヌーン)
Greek01.jpg

ビザンチン壁画の楽士たち(ウティ、リラ、ラッパ)、古代ギリシャのリラ(キタラ)(アルフォンラの装飾画)、ビザンチン壁画の楽士たち(カノナキ、ウティなど)
Greek03.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Osamu

  • Author:Osamu
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。