--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-02-25

タッチ・オブ・スパイス

tuch_of_spice.jpg

この映画の背景はギリシャとトルコという個人的に興味のある音楽がある場所ですので楽しめました。ギリシャで2003年に観客動員数No.1を記録した話題作です。

物語はギリシャで宇宙物理学を教える青年(ファニス)の祖父がコンスタチノープル(現イスタンブール)から訪ねてくるという知らせを受け、彼自身が腕を振るった料理で出迎えの準備が整った時に、祖父が倒れたとの知らせが入ります。彼はそこで遠い昔の事を回想します。幼い少年の頃に香料店を営む祖父にスパイスと人生、宇宙などの話を教えてもらった事、そしてダンスの上手い少女との初恋などが描かれます。やがて時代はキプロス独立によってトルコ―ギリシャの紛争に発展し、ギリシャ人が強制退去させられる事件につながります。そこでギリシャに移住する少年とコンスタンチノープルに残る祖父と少女との悲しい別れが描かれます。ギリシャに移住した料理好きの少年は、周囲と溶け込むことができずに空しい日々を過ごします。やがて、料理人そして物理の教師として成長します。そして舞台は最初の現実に戻り、重体の祖父の見舞いにコンスタンチノープルに渡ります。祖父の葬式で再会した幼なじみのアニスとの出会いをきっかけに、コンスタチノープルでの赴任を決意します。アニスとのプラトニックな恋はやがて悲しい別れになり。。。。

とまあ自分で映画を思い出して書いてみました。この映画ではギリシャとトルコの文化や宗教の違い、トルコを追放されたギリシャ人に対する冷たい扱いなどを知ることができて興味深かったです。また1922年の住民移動によってギリシャの演歌、レンベーティカが発展したことなども連想してしまいました。まあ堅い映画に思われますが、随所にちりばめられたユーモアな場面や美味しそうな料理が沢山出てきますので楽しかったです。

冒頭のトルコのアザーン(礼拝の呼びかけ)から、街中にある祖父の香料店につながるロング・ショットが美しくて印象的でした。あとギリシャ、トルコの各シーンで使用される民族楽器を使ったサウンド・トラックも美しかったですよ。最後のシーンはちょっと甘酸っぱく切なくなりました。。。。
(@渋谷Bunkamura ル・シネマ)

タッチ・オブ・スパイス公式サイト
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タッチ・オブ・スパイス

 現在、渋谷のル・シネマで公開中の「タッチ・オブ・スパイス」を観てきました。あらすじ: 1960年代、トルコのイスタンブールでスパイス店を営むおじいさんの家で暖かい家族、大好きな友達に囲まれ育った少年ファニスは、屋根裏部屋でおじいさんからスパイスの効用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

見てきました!待合室にアザーンが響きウズウズ、旨そうな料理にペコペコ、歴史の複雑さにクラクラ!
ギリシャ人の心のあり方凄く考えさせられました。オリンピックの閉会式に朗々と響いたライカのイスラム色と宗教感、う~ん、計り知れぬものがあります。

しかし料理モノは外れがなくて好きです~。
これも素敵ですよ↓
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=2697

全くの料理モノですが・・・。
主人公の女性が凄く好みです、あと一瞬、厨房で流れるドメニコ・モドゥーニョのボラレが・・。

お~見られましたか。良い映画ですよね。

ご紹介していただいた映画は知りませんでした。
けっこう素敵な映画ですね。料理の映画探すとけっこうありそうですね。

情報ありがとうございました。
プロフィール

Osamu

  • Author:Osamu
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。